不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース9/8、倒産や猶予期間指定が話題

週刊不景気ニュース9/8、倒産や猶予期間指定が話題

週刊不景気ニュース9/8、倒産や猶予期間指定が話題

9月2日から8日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や猶予期間入り銘柄指定の話題が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、福岡の金属加工「バオ・メタル」、東京の医療機器製造「ヒロセ電子システム」、兵庫の瓦メーカー「近畿セラミックス」、神奈川のプラント設備工事「石川産業」、北海道の建設業「城ヶ端建設」、東京のCDショップ「ブランドエックス」、神奈川の食品宅配「メイプルフーズ」、大阪の販促イベント企画「エトワールインターナショナル」、福岡の雑貨卸「紙ふうせん」、佐賀の水産練製品製造「浜蒲鉾」、東京の紳士靴製造・卸「石関製靴」、大阪の印刷業「ワーカフィル」、京都の医療機器製造「メディエート」となりました。

一方、時価総額に係る猶予期間入り銘柄に指定されたのは、印刷製版業の「光陽社」、寝具卸の「カネヨウ」、自動車部品・照明灯製造の「リード」、百貨店経営の「さいか屋」となりました。

事業撤退などでは、美容室経営の「アルテサロンホールディングス」が中国の店舗事業から撤退し、「近鉄百貨店」が商業施設の四日市スターアイランドの運営から撤退、「日産自動車」が小型トールワゴンのキューブを生産終了、日産自動車の高級車ブランド「インフィニティ」がオーストラリア市場から撤退すると発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、持ち帰り寿しチェーンの「小僧寿し」、「JR北海道」、情報・印刷事業の「ウイルコホールディングス」、第二地方銀行の「島根銀行」などとなりました。

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事