不景気.com > 国内倒産 > 淡路島の瓦メーカー「近畿セラミックス」が破産申請、負債20億円

淡路島の瓦メーカー「近畿セラミックス」が破産申請、負債20億円

淡路島の瓦メーカー「近畿セラミックス」が破産申請、負債20億円

兵庫県淡路市に本拠を置く瓦メーカーの「近畿セラミックス株式会社」は、8月30日付で神戸地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1961年に「近畿窯業株式会社」として設立の同社は、1986年に「協和窯業株式会社」「近畿産業株式会社」と合併し現商号に改称すると、淡路島の特産品「淡路瓦」の一大メーカーとして、いぶし瓦を中心に陶器瓦などの製造・販売を手掛け、全国的にも高い知名度を有していました。

しかし、景気低迷による住宅着工件数の減少に加え、東日本大震災や熊本地震などの災害が相次ぎ、多くの屋根瓦が被害を受けたことで需要が大幅に減少したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約20億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事