不景気.com > 企業不況 > カネヨウを時価総額に係る猶予期間入り銘柄指定、1月に続き

カネヨウを時価総額に係る猶予期間入り銘柄指定、1月に続き

カネヨウを時価総額に係る猶予期間入り銘柄指定、1月に続き

東京証券取引所は、9月2日付で2部上場の寝具卸「カネヨウ」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社の2019年8月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる2020年5月31日までに時価総額が所要額を超えない場合は上場廃止となります。

2010年3月期以降は連続して黒字を計上し、2017年3月期には長年の懸念だった繰越欠損金を解消するなど収益構造は改善しているものの、国内外の情勢悪化を要因として、2020年3月期第1四半期は前年同期に比べ厳しい環境に陥りました。なお、同社は2019年1月にも時価総額基準による猶予期間入り銘柄に指定されています。

上場廃止に係る猶予期間入り:カネヨウ(株) 他3銘柄 | 日本取引所グループ

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事