不景気.com > 赤字決算 > 小僧寿しの19年12月期は5500万円の営業赤字継続へ

小僧寿しの19年12月期は5500万円の営業赤字継続へ

小僧寿しの19年12月期は5500万円の営業赤字継続へ

ジャスダック上場の持ち帰り寿しチェーン「小僧寿し」は、2019年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が5500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年12月期通期連結業績予想:小僧寿し

売上高営業損益純損益
前回予想 未定 未定 未定
今回予想 60億3500万円 △5500万円 500万円
前期実績 55億1700万円 △5億9100万円 △16億7800万円

持ち帰り寿し店舗に唐揚げ・とんかつ業態を併設するなどの収益改善策を進めており、前期比で大幅な赤字幅の縮小を見込むものの、黒字化には一歩及ばず、営業損益は赤字継続の見通しとなりました。

連結業績予想に関するお知らせ:小僧寿し

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事