不景気.com > 赤字決算 > 島根銀行の20年3月期は23億円の最終赤字へ、SBIと提携も

島根銀行の20年3月期は23億円の最終赤字へ、SBIと提携も

島根銀行の20年3月期は23億円の最終赤字へ、SBIと提携も

東証1部上場の第二地方銀行「島根銀行」は、2020年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が23億8000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2020年3月期通期連結業績予想:島根銀行

経常収益経常損益純損益
前回予想 83億2000万円 4億6000万円 3億1000万円
今回予想 75億9000万円 △21億8000万円 △23億8000万円
前期実績 85億7700万円 4億9800万円 3億6500万円

東証1部上場の金融大手「SBIホールディングス」との資本業務提携の締結に伴い、抜本的な収益改善策の実施を計画しており、評価損を抱える受益証券・株式の売却により17億円の損失を見込むほか、店舗閉鎖・再編に伴う費用として2億円の減損損失を計上するため、経常損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

SBIグループとの資本業務提携および業績予想の修正に関するお知らせ:島根銀行

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事