不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース8/12、赤字業績の発表が多い1週間

週刊不景気ニュース8/12、赤字業績の発表が多い1週間

週刊不景気ニュース8/12、赤字業績の発表が多い1週間

8月6日から12日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産手続の開始決定を受け倒産したのは、福岡の食品会社「シバタ」、東京の出版業「日刊海事通信社」、京都の仏像・仏具販売「栗山三仏堂」となりました。また、愛知の衣料品販売「美津和屋」が特別清算を申請しました。

一方、化粧品大手の「資生堂」が業務用化粧品事業から撤退し、「島根銀行」とゴルフクラブ製造の「マルマン」が債権取立不能のおそれを明らかにしました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、電機メーカーの「パイオニア」、ファミリーレストランチェーンの「ココスジャパン」、ホテル経営の「鴨川グランドホテル」、食品スーパーの「いなげや」、ホームセンターの「ケーヨー」、家具販売大手の「大塚家具」、医薬品開発の「ヘリオス」、光学機器メーカーの「オリンパス」、データセンター事業の「ブロードバンドタワー」、ダイヤモンドワイヤ開発・製造の「中村超硬」、プラスチックフィルム・シート製造の「ダブル・スコープ」、フリマアプリ展開の「メルカリ」、スマートフォン周辺機器販売の「AppBank」、遊技機企画・開発の「フィールズ」、音響機器製造の「オンキヨー」、半導体製造装置メーカーの「新川」、生命保険会社の「ライフネット生命保険」、製パン業の「第一パン」、アパート賃貸大手の「レオパレス21」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事