不景気.com > 赤字決算 > AppBankの18年12月期は3億円の最終赤字へ、広告収入減

AppBankの18年12月期は3億円の最終赤字へ、広告収入減

AppBankの18年12月期は3億円の最終赤字へ、広告収入減

東証マザーズ上場でスマートフォン周辺機器の販売やアプリ紹介メディアを運営する「AppBank」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が3億8200万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:AppBank

売上高営業損益純損益
前回予想 18億円 △1億3700万円 △1億4000万円
今回予想 14億5000万円 △3億4900万円 △3億8200万円
前期実績 18億2900万円 △2億6900万円 △4億5900万円

主力メディアにおける閲覧数の伸び悩みにより広告収入の減少を見込むほか、ゲームアプリの収益化にも時間を要する見込みで、また、ストア事業における販売減や閉店による減収の影響もあり、営業損益・純損益ともに赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:AppBank

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事