不景気.com > 赤字決算 > ダブル・スコープの18年12月期は24億円の赤字へ、中国売上減

ダブル・スコープの18年12月期は24億円の赤字へ、中国売上減

ダブル・スコープの18年12月期は24億円の赤字へ、中国売上減

東証1部上場でプラスチックフィルム・シート製造の「ダブル・スコープ」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が24億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:ダブル・スコープ

売上高営業損益純損益
前回予想 140億円 7億円 4億円
今回予想 91億円 △24億円 △21億円
前期実績 95億1700万円 2億7400万円 △1億1900万円

主力販売先となる中国のEV向け市場において、中国政府の助成金政策の見直しに伴い需要が大幅に減少しているほか、国内のスマートフォン向け案件においても、顧客先による大幅な減産で減収を見込むことから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ダブル・スコープ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事