不景気.com > 赤字決算 > 新川の19年3月期は15億円の最終赤字へ、ワイヤボンダ不振

新川の19年3月期は15億円の最終赤字へ、ワイヤボンダ不振

新川の19年3月期は15億円の最終赤字へ、ワイヤボンダ不振

東証1部上場の半導体製造装置メーカー「新川」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が15億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:新川

売上高営業損益純損益
前回予想 230億円 4億2000万円 3億6000万円
今回予想 189億円 △12億7000万円 △15億円
前期実績 152億1400万円 △6億2000万円 △5億6300万円

スマートフォンの普及一巡に伴い、モバイル関連の設備投資の延期やメモリ関連投資が弱含んでいることから、ワイヤボンダの売上高が想定を下回る見込みで、それを受け営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:新川

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事