不景気.com > 赤字決算 > パイオニアの19年第1四半期は純損益66億円の赤字拡大

パイオニアの19年第1四半期は純損益66億円の赤字拡大

パイオニアの19年第1四半期は純損益66億円の赤字拡大

東証1部上場の電機メーカー「パイオニア」は、2019年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が66億6300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第1四半期連結業績:パイオニア

売上高営業損益純損益
2019年3月期(1Q) 838億1100万円 △15億7500万円 △66億6300万円
前年同期 833億1900万円 △2億4300万円 △20億3500万円
通期予想 3800億円 △50億円 未定

OEM事業における減価償却費の増加や為替の影響で原価率が悪化したほか、欧州企業との特許ライセンス契約に関する特許訴訟関連損失引当金繰入額として20億2100万円、競争法関連損失として13億2300万円のそれぞれ特別損失を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字拡大となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2019年3月期第1四半期決算短信:パイオニア

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事