不景気.com > 赤字決算 > 大塚家具の18年12月期は51億円の営業赤字へ、売上大幅減

大塚家具の18年12月期は51億円の営業赤字へ、売上大幅減

大塚家具の18年12月期は51億円の営業赤字へ、売上大幅減

ジャスダック上場の家具販売大手「大塚家具」は、2018年12月期通期業績予想を下方修正し、当期営業損益が51億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期業績予想:大塚家具

売上高営業損益純損益
前回予想 456億6300万円 2億円 13億9000万円
今回予想 376億3400万円 △51億円 △34億2600万円
前期実績 410億7900万円 △51億3600万円 △72億5900万円

大型店の入店件数が前年同期比で2桁のマイナスになった影響などから、売上高は前回予想に対し17.6%の減収を見込むほか、商品評価基準の見直しに伴い10億1700万円の棚卸資産評価損を計上するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大塚家具

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事