不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース2/18、赤字業績の発表が続く

週刊不景気ニュース2/18、赤字業績の発表が続く

週刊不景気ニュース2/18、赤字業績の発表が続く

2月12日から18日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、広島の醤油メーカー「きぢ醤油」、群馬のゴルフ場「上毛森林カントリー倶楽部」、東京のシステム開発「翼システム」、東京のCGアニメーション制作「アナハイムエンタテインメント」、静岡の菓子製造「丸伊」となりました。また、福岡のタクシー業「遠賀タクシー」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、建材メーカーの「ウッドワン」がニュージーランド子会社の合板製造事業を休止し、「片倉工業」が婦人向け補整下着事業から撤退すると発表しました。また、スーパーマーケットチェーンの「ドミー」が報告書の提出遅延で監理銘柄(確認中)に指定されました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、質店大手の「大黒屋ホールディングス」、栄養補給食品販売の「シャクリー・グローバル・グループ」、アウトドア用品製造・販売の「スノーピーク」、食品向けプラスチック容器製造の「中央化学」、眼科薬ベンチャーの「窪田製薬ホールディングス」、電子機器製造の「田淵電機」、金融業の「トレイダーズホールディングス」、ウェブ・テレビ会議システムの「ブイキューブ」、衣料品チェーンの「ジーンズメイト」、アパレルメーカーの「三陽商会」、ディスプレイ製造大手の「ジャパンディスプレイ」、遊技機メーカーの「ユニバーサルエンターテインメント」、百貨店経営の「さいか屋」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事