不景気.com > 赤字決算 > 三陽商会の17年12月期は19億円の営業赤字、2期連続

三陽商会の17年12月期は19億円の営業赤字、2期連続

三陽商会の17年12月期は19億円の営業赤字、2期連続

東証1部上場のアパレルメーカー「三陽商会」は、2017年12月期決算短信を発表し、当期営業損益が19億700万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年12月期通期連結業績:三陽商会

売上高営業損益純損益
17年12月期 625億4900万円 △19億700万円 △10億2500万円
前期実績 676億1100万円 △84億3000万円 △113億6600万円
次期予想 630億円 5000万円 25億円

主力だったバーバリーブランドを失った影響が大きかった前期実績に比べ、不採算ブランド・売場からの撤退を積極化したことで、営業損失・純損失ともに大幅に縮小したものの、消費者の節約志向などから百貨店を中心に売上が低迷したため、営業損益・純損益ともに2期連続の赤字となりました。

なお、2018年12月期連結業績予想については、三陽商会青山ビルの売却に伴い、約33億円の譲渡益を計上することから黒字を見込んでいます。

2017年12月期決算短信:三陽商会

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事