不景気.com > 国内倒産 > 自動車業向けシステム開発の「翼システム」に破産開始決定

自動車業向けシステム開発の「翼システム」に破産開始決定

自動車業向けシステム開発の「翼システム」に破産開始決定

東京都江東区に本拠を置くシステム開発の「翼システム株式会社」は、2月6日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1983年に設立の同社は、自動車部品業者向けコンピュータシステムの「パーツマン」や、自動車整備業者向けシステムの「スーパーフロントマン」などの開発・販売を主力に事業を展開するほか、鈑金・修理の「カーコンビニ倶楽部」や車検サービスの「ヤマト車検」の運営も手掛けるなど事業を拡大していました。

しかし、1999年に脱税の疑いで当時の社長が逮捕され、実刑2年の判決を受けたことで信用が失墜すると、急激な事業拡大に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、主力事業を次々に売却するとともに、2013年末に事業を停止していました。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事