不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの18年第3四半期は1006億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年第3四半期は1006億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年第3四半期は1006億円の最終赤字

東証1部上場のディスプレイ製造大手「ジャパンディスプレイ」は、2018年3月期第3四半期決算短信を発表し、四半期純損益が1006億1100万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期第3四半期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
2018年3月期(3Q) 5655億8800万円 △388億9700万円 △1006億1100万円
前年同期 6441億9100万円 104億7500万円 △94億200万円
通期予想 7100億円 未定 未定

主力のスマートフォン向けなど中小型液晶について、顧客先における有機ELディスプレイの採用増や、最大市場の中国におけるスマートフォン販売の鈍化などで、売上高は前期実績から大幅に減少しました。

また、減損やリストラ費用などの事業構造改善費用として、第3四半期累計期間において311億9200万円の特別損失を計上したほか、持分法適用会社「JOLED」の業績悪化に伴い、持分法による投資損失として35億7700万円の営業外費用を計上したため、営業損益・純損益ともに赤字となりました。

平成30年3月期第3四半期決算短信:ジャパンディスプレイ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事