不景気.com > 赤字決算 > 大黒屋ホールディングスの18年3月期は3億円の最終赤字へ

大黒屋ホールディングスの18年3月期は3億円の最終赤字へ

大黒屋ホールディングスの18年3月期は3億円の最終赤字へ

東証2部上場で質店大手「大黒屋」を展開する「大黒屋ホールディングス」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が3億1900万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:大黒屋ホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 209億3400万円 13億2900万円 1000万円
今回予想 202億4200万円 9億1400万円 △3億1900万円
前期実績 205億5600万円 4億9300万円 △2億8700万円

昨年11月および12月の売上が想定に達しなかったため、売上高は前回予想を下回ると見込み、また、売上総利益率の低下により純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大黒屋ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事