不景気.com > 赤字決算 > 窪田製薬の17年12月期は34億円の最終赤字、売上高は0円

窪田製薬の17年12月期は34億円の最終赤字、売上高は0円

窪田製薬の17年12月期は34億円の最終赤字、売上高は0円

東証マザーズ上場で眼科薬の開発ベンチャー「窪田製薬ホールディングス」(旧商号:アキュセラ・ジャパン)は、2017年12月期決算短信を発表し、当期純損益が34億4500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年12月期通期連結業績:窪田製薬ホールディングス

事業収益営業損益純損益
17年12月期 0 △36億2000万円 △34億4500万円
前期実績 8億4600万円 △40億7100万円 △39億1100万円
次期予想 0 △35億円 △33億7000万円

売上の柱だった「大塚製薬」との共同開発契約の終了に伴い、事業収益は0円に終わった一方、研究開発費は前期と比較し微増となったことから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

また、2018年12月期連結業績についても、事業収益は0円、営業損益・純損益ともに今期同様の赤字幅を見込みます。

2017年12月期決算短信:窪田製薬ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事