不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース8/25、事業撤退などが話題に

週刊不景気ニュース8/25、事業撤退などが話題に

週刊不景気ニュース8/25、事業撤退などが話題に

8月19日から25日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。事業撤退が話題の1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、東京の旅行会社「ウニベルツール」、新潟の飲食店経営「OTOGIコーポレーション」、東京の厨房機器製造「オザキ」、大阪の通信系商材販売「アクア」、京都の不動産業「エステートジャパン」となりました。

一方、埼玉の飲食店経営「ひびき」が民事再生法の適用を申請し、岐阜の元・婦人服製造「ISO」が特別清算の開始決定を受けました。また、東京の革製品販売「インディード・クラン」が事業を停止し、大阪の元・仮想通貨取引所運営「テックビューロ」が廃業すると発表しました。

事業撤退では、広島の百貨店「福屋」が福屋宮内店を閉店し、月刊誌の「Pick-up Voice」が休刊、「神栄」がアパレル小売・レッグウェア事業から撤退すると発表しました。また、「レナウン」が希望退職者の募集で150名を削減するほか、「キョウデン」の希望退職者募集に129名が応募しました。

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事