不景気.com > 不景気ニュース > 広島の百貨店「福屋宮内店」が閉店、28年の歴史に幕

広島の百貨店「福屋宮内店」が閉店、28年の歴史に幕

広島の百貨店「福屋宮内店」が閉店、28年の歴史に幕

広島の百貨店「福屋」は、2019年8月31日をもって広島県廿日市市で運営する「福屋宮内店」を閉店すると発表しました。

1991年に開業の宮内店は、地上2階・売場面積627平方メートルの小規模店舗で、婦人服・雑貨の販売を中心に営業しているものの、個人消費の落ち込みやショッピングセンターの進出による競争激化などを要因として、28年の歴史に幕を閉じる決定に至ったようです。

なお、8月15日から31日までの間、閉店最終セールを実施します。

福屋宮内店 | 広島の百貨店 福屋

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事