不景気.com > 国内倒産 > 新潟の「おとぎ屋珈琲店」運営会社が破産申請へ、負債4億円

新潟の「おとぎ屋珈琲店」運営会社が破産申請へ、負債4億円

新潟の「おとぎ屋珈琲店」運営会社が破産申請へ、負債4億円

新潟日報(電子版)によると、新潟県新潟市に本拠を置く飲食店経営の「株式会社OTOGIコーポレーション」は、8月15日までに事後処理を弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

同社のホームページによると、1987年に「珈琲院雪詩慕雲」として創業の同社は、新潟県内にて「おとぎ屋珈琲店」の屋号で喫茶店を6店舗展開するほか、長岡市内でとんかつ店の経営を手掛けていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、同業他社との競争激化で業績が悪化すると、近年は決済難に陥るなど資金繰りが逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約4億6000万円の見通しです。

OTOGIコーポが破産申請準備 レストラン「おとぎ屋珈琲店」|新潟日報モア

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事