不景気.com > 国内倒産 > 埼玉の焼鳥店「ひびき庵」が民事再生法申請、負債77億円

埼玉の焼鳥店「ひびき庵」が民事再生法申請、負債77億円

埼玉の焼鳥店「ひびき庵」が民事再生法申請、負債77億円

埼玉県川越市に本拠を置く飲食店経営の「株式会社ひびき」は、8月20日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1992年に設立の同社は、味噌ダレを使用した焼き鳥の製造・販売を手掛け、百貨店へのテナント出店や、埼玉県内を中心に「ひびき庵」などの屋号で焼き鳥店を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、積極的な事業拡大や買収に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫すると、不採算店舗の閉鎖を進め収益改善を目指したものの、その後も業績の悪化が続いたことから、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約77億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事