不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース10/7、倒産や事業撤退が相次ぐ

週刊不景気ニュース10/7、倒産や事業撤退が相次ぐ

週刊不景気ニュース10/7、倒産や事業撤退が相次ぐ

10月1日から7日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や事業撤退の話題が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、長野の加工食品販売「かぶちゃん農園」、東京の子供服リサイクルショップ展開「AKIRA」、東京の旅行会社「リゾートアンドサファリ」、埼玉の書店経営「藤村書店」、ケフィアグループ関連の「ケフィアグループC&L」など3社、長崎の旅客船運航「五島産業汽船」、東京の調剤薬局運営「未来の薬局」となりました。

また、埼玉の建設業「エム・テック」が民事再生法の適用を申請したほか、東京の元・出版業「イノセンス」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、事業撤退・終了では、「森永製菓」が千葉と山梨の工場を閉鎖し、「ディー・エヌ・エー」の陸上チームが駅伝から撤退、「ヤフー」が無料ホームページ作成サービスの「Yahoo!ジオシティーズ」とウェブサービス連携サービスの「myThings」を終了、「江崎グリコ」がチューインガム商品の「キスミント」を販売終了すると発表しました。

そのほか、化学薬品輸出入卸の「堺商事」が独子会社を解散し、建築設備工事の「暁飯島工業」が債権取立不能のおそれ、不動産業の「ハウスドゥ」が債権取立遅延のおそれを明らかにしました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事