不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース8/26、倒産の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース8/26、倒産の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース8/26、倒産の話題が多い1週間

8月20日から26日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産手続により倒産したのは、埼玉のリフォーム業「リメイクプロ」、奈良の建設業「福永建設」、兵庫のスポーツ用品製造「ウイトコ」、京都の内装工事「トータルインテリア西澤」、京都の人材紹介業「センターコーポレーション」、神奈川の建築業「関東建設」、岡山の墓石製造「栄龍石材」、秋田の新聞発行「週刊秋田社」、東京の鮮魚販売「川島水産」、静岡の印刷業「スズイン」、奈良の旅行会社「ジャパントラベルステーション」、大阪のシステム開発「エム・アイ・エフ・システムズ」、大阪の介護関連事業「ジャパンマネジメント」、大阪のインテリア資材販売「磯村」、奈良の靴下製造・販売「辻商」となりました。

また、月刊誌の「日経ビジネス アソシエ」が休刊したほか、自動車大手の「トヨタ自動車」が米自動車レース「グランプリ・オブ・ロングビーチ」のスポンサーから撤退し、業務用スーパーマーケット展開の「神戸物産」が米子会社を解散、地方銀行の「七十七銀行」が子会社「七十七コンピューターサービス」を解散すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事