不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/28、リストラの発表が話題に

週刊不景気ニュース7/28、リストラの発表が話題に

週刊不景気ニュース7/28、リストラの発表が話題に

7月22日から28日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。リストラの話題が多い1週間となりました。

破産申請により倒産したのは、徳島の書道用品販売「市之瀬文進堂」、東京の医療法人社団「はんぷ会」、熊本の日本茶販売「天竺」、静岡の結婚式企画・プロデュース「アニバーサリー」、佐賀の看板製作「アートストック」、三重の鋳造業「日本鋳工」、大阪のカジュアルウェア製造「ヤマケンアパレル」、東京のキャラクターグッズ企画「GG7」となりました。

一方、人員削減策を発表したのは、ATMやPOS端末製造の「富士通フロンテック」で100名、「日産自動車」で1万2500名、靴商社の「東邦レマック」で20名となりました。

また、「東急百貨店東横店」と「天満屋広島アルパーク店」の閉店が明らかになったほか、石油精製販売大手の「JXTGホールディングス」が大阪製油所の石油精製機能を停止し、「マウスコンピューター」がIoT機器「mouseスマートホーム」の販売終了およびサービス停止を発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、電池・電子部品メーカーの「FDK」、メッセージングアプリ展開の「LINE」、フリマアプリ展開の「メルカリ」、モバイルコンテンツ制作の「ボルテージ」、情報通信機器製造の「沖電気工業」などとなりました。

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事