不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/21、倒産の話題が多く

週刊不景気ニュース7/21、倒産の話題が多く

週刊不景気ニュース7/21、倒産の話題が多く

7月15日から21日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産関連の話題が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、神奈川の画像処理装置開発「ユーエスディ」、東京の信用調査会社「レンゴー調査」、埼玉の食品会社「YTフーズ」、石川の機器部品製造「エス・ケー・デー・ジャパン」、兵庫の木材卸「木童」、大阪のインターネット広告代理「宣伝ジョーズ」、岡山の建築業「田渕建設産業」、奈良の電設工事「新関西エンジニアリング」となりました。

また、東京の旅行会社「ウニベルツール」が廃業し事後処理を弁護士に一任したほか、福岡のホテル経営「京都館」が民事再生法の適用を申請しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、証券会社の「東洋証券」、学習塾経営の「市進ホールディングス」、クラウド会計サービスの「マネーフォワード」、再生可能エネルギー事業の「省電舎ホールディングス」などとなりました。

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事