不景気.com > 国内倒産 > 中南米専門旅行社の「ウニベルツール」が廃業、弁護士一任

中南米専門旅行社の「ウニベルツール」が廃業、弁護士一任

中南米専門旅行社の「ウニベルツール」が廃業、弁護士一任

東京都中央区銀座に本拠を置く旅行会社の「株式会社ウニベルツール」は、7月19日付で閉店廃業したと発表しました。また、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1971年に創業の同社は、ブラジルを中心とする中南米専門の旅行会社で、2014年のサッカーワールドカップや2016年のリオ五輪、ウユニ塩湖やマチュピチュなどのツアーを手掛けるなど、長い業歴を誇る老舗業者として知られていました。

しかし、個人手配の旅行が増加したことや、南米旅行の需要減により売上が落ち込むと、2019年6月17日からブラジルの観光・短期商用のビザが免除されたことで、ビザ申請の代行業務も縮小を余儀なくされたため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事