不景気.com > 赤字決算 > マネーフォワードの19年第2四半期は17億円の赤字継続

マネーフォワードの19年第2四半期は17億円の赤字継続

マネーフォワードの19年第2四半期は17億円の赤字継続

東証マザーズ上場でクラウド会計サービスを手掛ける「マネーフォワード」は、2019年11月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が17億3300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年11月期第2四半期連結業績:マネーフォワード

売上高営業損益純損益
2019年11月(2Q) 30億5800万円 △15億5800万円 △17億3300万円
前年同期 19億9600万円 △2億2100万円 △2億3200万円
通期予想 71億2200万円
~75億8100万円
△26億円
~△21億円
△27億9000万円
~△22億9000万円

フィンテック市場の規模拡大や主力サービスの認知度向上により、売上高は前年同期を上回ったものの、事業拡大に向けた人材採用の強化や積極的な広告宣伝の費用が嵩んだため、営業損益・純損益ともに赤字拡大となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2019年11月期 第2四半期決算短信:マネーフォワード

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事