不景気.com > 企業不況 > 記事リスト2
田中精密工業がインド子会社を解散、2015年に生産休止 ジャスダック上場で自動車・オートバイ部品製造の「田中精密工業」は、100%出資子会社の「TANAKA AUTO PARTS INDIA」(インド・バンガロール市)を解散および清算すると発表しました。 2011年に設立の同子会社は、自動車・オ ...記事全文 (2019/2/19)
曙ブレーキが「継続企業の前提に疑義」注記、ADR進捗が鍵 東証1部上場の自動車部品メーカー「曙ブレーキ工業」は、2019年3月期第3四半期決算短信において「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる事象または状況が存在している」と注記しました。 北米における過大な受注に対応できず生産が混乱すると ...記事全文 (2019/2/12)
イビデンが仏DPF子会社を解散、ディーゼル市場縮小で 東証・名証1部上場で電子部品製造の「イビデン」は、100%間接出資子会社の「IBIDEN DPF France」(フランス)を解散および清算すると発表しました。 2001年に設立の同子会社は、欧州の自動車メーカー向けにディーゼル・パティキュ ...記事全文 (2019/2/ 4)
荘内銀行が21億円の債権放棄、取引先「萬国屋」私的整理で 東証1部上場の持株会社「フィデアホールディングス」傘下の地方銀行「荘内銀行」は、取引先の旅館業「株式会社萬国屋」(山形県鶴岡市)の私的整理に伴い、同社に対する貸出金21億7900万円を債権放棄すると発表しました。 山形県中小企業再生支援協議 ...記事全文 (2019/2/ 2)
武蔵野銀行が取立不能のおそれ、「曙ブレーキ」のADR申請で 東証1部上場の地方銀行「武蔵野銀行」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。 これは、取引先の自動車部品製造業「曙ブレーキ工業株式会社」(東京都中央区)が1月29日付で事業再生ADR手続の利用を ...記事全文 (2019/1/31)
曙ブレーキ工業が事業再生ADR手続を申請、北米採算悪化 東証1部上場の自動車部品メーカー「曙ブレーキ工業」は、1月29日付で事業再生実務家協会に事業再生ADR手続を申請したと発表しました。 1929年に「曙石綿工業所」として創業の同社は、自動車・二輪車・鉄道車両・産業機械用のブレーキおよび関連部 ...記事全文 (2019/1/30)
アイモバイルが米子会社「i-movad」を解散、将来性見込めず 東証1部上場で広告配信ネットワーク事業を手掛ける「アイモバイル」は、100%出資子会社の「i-movad」(アメリカ・カリフォルニア州)を解散および清算すると発表しました。 2014年に設立の同子会社は、アメリカにおける最先端の広告手法や技 ...記事全文 (2019/1/28)
レオン自動機が債権取立不能のおそれ、海外取引先の破綻で 東証1部上場の食品製造機械メーカー「レオン自動機」は、子会社の「ORANGE BAKERY」(アメリカ・カリフォルニア州)が保有する債権について、取立不能のおそれが生じたことを明らかにしました。 これは、取引先でパン・菓子製造の「BAKE ...記事全文 (2019/1/21)
イントランスが子会社「蓮田ショッピングセンター」を解散 東証マザーズ上場の不動産業「イントランス」は、100%出資子会社の「蓮田ショッピングセンター」(埼玉県蓮田市)を解散および清算すると発表しました。 1978年に設立の蓮田ショッピングセンターは、2015年にイントランスの子会社となり、主に不 ...記事全文 (2019/1/17)
乃村工藝社が中国・上海子会社を解散、中国事業の再構築 東証1部上場の空間デザイン大手「乃村工藝社」は、100%間接出資子会社の「儂得空間設計咨詢」(中国・上海市)を解散および清算すると発表しました。 2016年に設立の同子会社は、建築設計コンサルティングや展示・内装・装飾用品の設計などを通じて ...記事全文 (2019/1/11)
リードを時価総額の猶予期間入り銘柄指定、営業赤字続き 東京証券取引所は、2部上場で自動車部品や照明灯製造の「リード」を、1月4日付で上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日まで ...記事全文 (2019/1/ 7)
カネヨウを時価総額の猶予期間入り指定、業績回復遅れ 東京証券取引所は、1月4日付で2部上場の寝具卸「カネヨウ」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額が所要額 ...記事全文 (2019/1/ 7)
松尾電機が時価総額の猶予期間入り、独禁法関連損失響く 東京証券取引所は、1月4日付で2部上場の電子部品製造業「松尾電機」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額 ...記事全文 (2019/1/ 6)
北日本紡績が時価総額の猶予期間入り、業績回復途上 東京証券取引所は、1月4日付で2部上場の紡績業「北日本紡績」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額が所要 ...記事全文 (2019/1/ 6)
セキドが時価総額の猶予期間入り、3期営業赤字から脱却も 東京証券取引所は、2部上場でブランド品の販売を手掛ける「セキド」を、1月4日付で上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日ま ...記事全文 (2019/1/ 5)
花月園観光が時価総額の猶予期間入り、猛暑・台風で減収 東京証券取引所は、2部上場で公営競技の場外売場賃貸・運営などを手掛ける「花月園観光」を、1月4日付で上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期 ...記事全文 (2019/1/ 5)
さいか屋が時価総額の猶予期間入り、業績低迷続く 東京証券取引所は、1月4日付で2部上場の百貨店経営「さいか屋」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月30日までに時価総額が所 ...記事全文 (2019/1/ 4)
省電舎HDが時価総額の猶予期間入り、不適切会計が影響 東京証券取引所は、1月4日付で2部上場の再生可能エネルギー業「省電舎ホールディングス」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 これは、同社の2018年12月の時価総額が10億円未満となったための措置で、猶予期間となる9月 ...記事全文 (2019/1/ 4)
VOYAGE GROUPが猶予期間入り、不適当な合併等で 東京証券取引所は、東証1部上場でインターネット広告などを手掛ける「VOYAGE GROUP」を、2019年1月1日から上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。 VOYAGE GROUPは、10月31日付で「株式会社サイバーコ ...記事全文 (2018/12/28)
ディー・エル・イーを特設注意市場銘柄指定、違約金3360万円 東京証券取引所は、東証1部上場で映像コンテンツ制作の「ディー・エル・イー」を12月28日付で特設注意市場銘柄に指定すると発表しました。 映像制作事業の一部案件において、売上の過大計上をはじめとする不適切な会計処理が継続的に行われ、新規上場の ...記事全文 (2018/12/27)

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事