不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース7/23、倒産やリストラが話題に

週刊不景気ニュース7/23、倒産やリストラが話題に

週刊不景気ニュース7/23、倒産やリストラが話題に

7月17日から23日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラの話題が多い1週間となりました。

破産手続(準備含む)により倒産したのは、北海道の老人介護施設運営「ほくおうサービス」、愛知のリフォーム業「住まいる」、鳥取の布団リフォーム「マイム鳥取」、岐阜の運送業「ワークハーツ」、東京の生活用品輸入・卸販売「プラネットインターナショナル」、東京の調理用具輸入・販売「Joycook Japan」、愛知の建設業「住田建設」、島根の花苗生産・卸「マスフローラ」、新潟の食品加工「大沢加工」、東京のゴルフ関連ソフトウェア開発「ゴルフスタジアム」となりました。また、ネットワークセキュリティ機器開発の「SecuLynx」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、電気機器メーカーの「サンケン電気」が早期退職による120名の削減、建築用ネジ製造の「日本パワーファスニング」が早期退職による20名の削減をそれぞれ発表しました。

また、赤字業績を発表したのは、ホテル経営の「ホテル、ニューグランド」、通信販売大手の「千趣会」となりました。

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事