不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース1/27、倒産が相次いだ1週間

週刊不景気ニュース1/27、倒産が相次いだ1週間

週刊不景気ニュース1/27、倒産が相次いだ1週間

1月21日から27日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産が相次いだ1週間となりました。

破産申請により倒産したのは、東京の着付け教室運営「悦文」、神奈川の建築業「竹内工務店」、東京のパソコン周辺機器開発「ノバック」、東京のスマートフォンアプリ開発「タメコ」、東京のデザイン会社「イタロデザイン」、山梨の貸切バス運行「かえる交通」、大阪の運送業「桐野システムサービス」、愛知の肌着製造・卸「日進衣料」となりました。

また、東京のカー用品製造・販売「ミラリード」が事業停止し事後処理を弁護士に一任したほか、東京の老人ホーム運営「未来設計」と宮城の食品スーパー経営「アサノ」が民事再生法の適用を申請し、岩手の温泉旅館経営「HKコーポレーション」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」が全従業員の7%、アメリカのニュースサイト運営「バズフィード」が全従業員の15%をそれぞれ削減するほか、電子機器製造「田淵電機」の希望退職募集に77名が応募したことが明らかになりました。

関連記事

「不景気ニュース」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事