不景気.com > 不景気ニュース > トヨタが「エスティマ」を10月に生産終了、29年の歴史に幕

トヨタが「エスティマ」を10月に生産終了、29年の歴史に幕

トヨタが「エスティマ」を10月に生産終了、29年の歴史に幕

東証・名証1部上場の自動車大手「トヨタ自動車」は、2019年10月をもってミニバン「エスティマ」の生産を終了することを明らかにしました。

1990年に登場したエスティマは、丸みを帯びた外観デザインや室内空間の広さが特徴のミニバンで、ファミリー世代を中心に大きな支持を獲得し、国内で累計約180万台を販売するなど主力車種の一つとして販売されてきました。

しかし、近年は大型ミニバンの「アルファード/ヴェルファイア」シリーズや、中型ミニバンの「ノア/ヴォクシー」シリーズが人気を得ている一方、長らくモデルチェンジが行われていないエスティマの販売台数は下降線を辿っていることから、販売車種整理の一環として今回の決定に至ったようです。

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事