不景気.com > 国内リストラ > アイシン精機がミシン・ベッド事業から撤退、創業期を支えるも

アイシン精機がミシン・ベッド事業から撤退、創業期を支えるも

アイシン精機がミシン・ベッド事業から撤退、創業期を支えるも

東証・名証1部上場でトヨタ系の自動車部品メーカー「アイシン精機」は、ミシン事業およびベッド事業から撤退すると発表しました。

1946年に開始したミシン事業は、創業期を支えた重要な事業で、「トヨタミシン」および「アイシンミシン」として家庭用ミシンの製造・販売を行っていました。

一方、1966年に開始したベッド事業は、長きにわたり「トヨタベッド」として親しまれた後、現在は「ASLEEP」のブランドで販売を行っていました。

両事業ともに歴史が長く、特にミシン事業においては創業期を支えるなど貢献度は高いものの、現在は競争力が弱く、今後の成長が見込めないことから、事業の継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

2019年3月期 決算説明プレゼンテーション資料(事業篇):アイシン精機

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事