不景気.com > 海外リストラ > 米ニュースサイト「バズフィード」が15%の削減へ、約250名

米ニュースサイト「バズフィード」が15%の削減へ、約250名

米ニュースサイト「バズフィード」が15%の削減へ、約250名

アメリカのニュースサイト運営「バズフィード」は、全従業員の約15%を削減することが明らかになりました。削減数は250名規模の見込みです。

2006年に創業のバズフィードは、エンターテインメントや時事など様々なニュースを配信するオンラインメディアで、ソーシャルメディアとの親和性が高いことから、その普及にあわせるように人気を拡大していました。

しかし、競争激化などに伴う広告収入の伸び悩みにより、業績の伸長が頭打ちとなっていることから、今後の成長にはコスト削減による合理化が必要と判断し今回の措置に至ったようです。

「海外リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事