不景気.com > 国内倒産 > 着付け教室運営の「悦文」が自己破産申請、負債1億円

着付け教室運営の「悦文」が自己破産申請、負債1億円

着付け教室運営の「悦文」が自己破産申請、負債1億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都中央区日本橋人形町に本拠を置く着付け教室運営の「悦文株式会社」は、1月11日付で福岡地方裁判所に自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

同社のホームページによると、2005年に福岡市で創業の同社は、着付け教室や作法教室などの運営を手掛け、2006年に東京オフィス、2007年に京都オフィス、2008年に大阪オフィス、2014年に名古屋オフィスを相次いで開設するなど事業を拡大していました。

しかし、若者の着物離れをはじめとする着物・着付け需要の減少により、近年は売上が落ち込むなど厳しい業績が続き、2018年12月末の決済が不調となったことから、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億3000万円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事