不景気.com > 国内倒産 > 来店ポイントアプリ「Tamecco」運営の「タメコ」に破産決定

来店ポイントアプリ「Tamecco」運営の「タメコ」に破産決定

来店ポイントアプリ「Tamecco」運営の「タメコ」に破産決定

信用調査会社の帝国データバンクによると、東京都港区東麻布に本拠を置くスマートフォンアプリ開発の「タメコ株式会社」は、1月18日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2012年に設立の同社は、スマートフォンの位置情報を利用し、来店時などにスタンプが貰える電子ポイントカードアプリ「Tamecco」の開発・運営を主力に事業を展開し、同アプリは牛丼・ファミリーレストラン・ラーメン店をはじめとする大手外食チェーンに採用されるなど事業を拡大していました。

しかし、一部で不正利用があったことなども影響し、2018年2月頃までに同サービスを終了すると、人工知能と位置情報を用いた店舗販促システムなどの開発を行ってきたものの、事業基盤を確立するまでには至らず今回の措置に至ったようです。

ポイントサービス「Tamecco」を展開していたタメコ、破産(帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事