不景気.com > 赤字決算 > シダックスの19年3月期は32億円の最終赤字、カラオケ事業売却

シダックスの19年3月期は32億円の最終赤字、カラオケ事業売却

シダックスの19年3月期は32億円の最終赤字、カラオケ事業売却

ジャスダック上場で給食・食堂運営受託の「シダックス」は、2019年3月期決算短信を発表し、当期純損益が32億8400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:シダックス

売上高営業損益純損益
19年3月期 1282億7800万円 17億3900万円 △32億8400万円
前期実績 1428億9000万円 11億6900万円 △13億9600万円
次期予想 未定 未定 未定

カラオケ事業を手掛ける子会社「シダックス・コミュニティー」(東京都調布市)の株式持分81%を売却したことに伴い、売上高は前期実績を下回ったほか、株式売却損として43億3400万円を計上したため、純損益は赤字継続となりました。

2019年3月期決算短信:シダックス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事