不景気.com > 雇用問題 > 19年卒大学生の4月時点就職率は97.6%、過去2番目に高い

19年卒大学生の4月時点就職率は97.6%、過去2番目に高い

19年卒大学生の4月時点就職率は97.6%、過去2番目に高い

文部科学省および厚生労働省が発表した就職状況調査によると、2019年3月に卒業した大学生の2019年4月1日時点の就職率は、前年同期比で0.4ポイント悪化の97.6%となりました。過去最高を記録した前年の水準には届かなかったものの、1997年の調査開始以降で過去2番目に高い就職率となり、依然として高い水準を維持しています。

大学生就職内定率:厚労省・文科省調べ

10月12月2月4月
2019年卒 77.0% 87.9% 91.9% 97.6%
2018年卒 75.2% 86.0% 91.2% 98.0%
2017年卒 71.2% 85.0% 90.6% 97.6%
2016年卒 66.5% 80.4% 87.8% 97.3%
2015年卒 68.4% 80.3% 86.7% 96.7%
2014年卒 64.3% 76.6% 82.9% 94.4%
2013年卒 63.1% 75.0% 81.7% 93.9%
2012年卒 59.9% 71.9% 80.5% 93.6%
2011年卒 57.6% 68.8% 77.4% 91.0%
2010年卒 62.5% 73.1% 80.0% 91.8%
2009年卒 69.9% 80.5% 86.3% 95.7%

短期大学は前年同期に比べ0.5ポイント悪化の98.6%で、大学・短期大学・高専を含む全体では同0.4ポイント悪化の97.8%となりました。また、男女別では男子大学生が同0.2ポイント悪化の97.3%、女子大学生が同0.8ポイント悪化の97.8%となりました。

平成31年3月大学等卒業者の就職状況を公表します:厚生労働省

「雇用問題」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事