不景気.com > 不景気ニュース > 「宇都宮パルコ」が5月末で閉店へ、空洞化で売上減

「宇都宮パルコ」が5月末で閉店へ、空洞化で売上減

「宇都宮パルコ」が5月末で閉店へ、空洞化で売上減

栃木県宇都宮市のファッションビル「宇都宮パルコ」が、5月末をめどに閉店する方向で検討が進められていることが明らかになりました。

1997年に開業の同店は、ファッションブランドを中心に雑貨店や書店・楽器店・カフェなどがテナントとして入居し、市街地の中心的存在として特に若者から支持を得ていました。

しかし、インターネット通販の台頭や郊外型ショッピングセンターとの競争激化で、近年はテナントの撤退が相次ぐなど売上が減少しているため、現状での営業継続は困難と判断したようです。

宇都宮パルコ撤退へ 5月末 閉店で調整 空きテナント、売り上げ減|下野新聞

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事