不景気.com > 不景気ニュース > 「熊本パルコ」と「宇都宮パルコ」が閉店、環境変化や老朽化で

「熊本パルコ」と「宇都宮パルコ」が閉店、環境変化や老朽化で

「熊本パルコ」と「宇都宮パルコ」が閉店、環境変化や老朽化で

東証1部上場でファッションビル運営の「パルコ」は、運営する「熊本パルコ」(熊本県熊本市)を2020年2月29日に、「宇都宮パルコ」を2019年5月31日に、それぞれ閉店すると発表しました。

1986年に開業した熊本パルコは、建物の竣工から47年を経過し老朽化が進んでいることに加え、熊本の商業環境変化を勘案した結果、賃貸借契約の満了をもって営業を終了する決定に至ったようです。

一方、1997年に開業した宇都宮パルコは、中心市街地の商業施設として22年にわたり営業してきたものの、郊外型ショッピングセンターとの競合などから、近年はテナントの撤退が相次ぐなど業績が悪化しているため、営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、これら店舗の閉店に伴い、合計で約32億円の費用を計上する予定です。

熊本パルコの営業終了について | パルコ
宇都宮パルコの営業終了について | パルコ

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事