不景気.com > 不景気ニュース > 京都の「大丸山科店」が19年3月末で閉店、業績改善困難で

京都の「大丸山科店」が19年3月末で閉店、業績改善困難で

京都の「大丸山科店」が19年3月末で閉店、業績改善困難で

「J.フロントリテイリング」傘下の「大丸松坂屋百貨店」は、京都市山科区にて運営する「大丸山科店」を2019年3月末で閉店すると発表しました。

1998年10月に開業の同店は、山科駅近くに立地する「ラクト山科ショッピングセンター」のテナントとして、同施設の地下1階から地上2階・売場面積5403平方メートルにて、主に食料品や衣料品・雑貨の販売を手掛けてきたものの、個人消費の落ち込みや競争激化で赤字に陥るなど業績が悪化しており、今後の改善も困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、従業員8名については配置転換により雇用を維持する方針で、この閉鎖に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

大丸山科店の営業終了に関するお知らせ:J.フロントリテイリング

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事