不景気.com > 不景気ニュース > 18年の百貨店売上高は前年比0.8%減の5.9兆円、2年ぶり減

18年の百貨店売上高は前年比0.8%減の5.9兆円、2年ぶり減

18年の百貨店売上高は前年比0.8%減の5.9兆円、2年ぶり減

日本百貨店協会が発表した「全国百貨店・売上高速報」によると、2018年の全国百貨店売上高は前年比0.8%減(店舗数調整後)の5兆8870億円で、2年ぶりに前年実績を下回りました。

地区別売上高では、全国主要10都市が前年比で0.3%の増加だったものの、地方を含む主要10都市以外の地域が同3.4%の減少となりました。

商品別売上高では、衣料品(前年比3.1%減)や家電(同13.8%減)が不振だった一方、訪日外国人の影響もあり、化粧品(同9.5%増)や美術・宝飾・貴金属(同3.3%増)が好調でした。

日本百貨店協会 : 百貨店売上高

関連記事

「不景気ニュース」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事