不景気.com > 赤字決算 > TATERUの19年12月期は105億円の最終赤字へ、信用失墜で

TATERUの19年12月期は105億円の最終赤字へ、信用失墜で

TATERUの19年12月期は105億円の最終赤字へ、信用失墜で

東証1部上場でアパート経営支援などを手掛ける「TATERU」(旧商号:インベスターズクラウド)は、2019年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が105億9900万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年12月期通期連結業績予想:TATERU

売上高営業損益純損益
前回予想 未定 未定 未定
今回予想 194億9200万円 △79億1600万円 △105億9900万円
前期実績 791億4900万円 7億2100万円 8億2100万円

顧客の預金残高を改ざんし、金融機関から不正に融資を引き出す不適切行為が発覚したことで、信用失墜などを要因としてアパートの引渡棟数が大幅に減少したため、売上高は前期実績を下回る見通しとなりました。

加えて、事業資金の確保を目的とする販売用不動産の一括売却により、31億9800万円の譲渡損を計上するほか、減損損失として8億7400万円、リストラ費用として2億8100万円のそれぞれ特別損失を計上するため、営業損益・純損益ともに赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:TATERU

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事