不景気.com > 赤字決算 > MTGの19年9月期は85億円の最終赤字へ、不適切会計で

MTGの19年9月期は85億円の最終赤字へ、不適切会計で

MTGの19年9月期は85億円の最終赤字へ、不適切会計で

東証マザーズ上場でトレーニング機器の「SIXPAD」や美容機器の「ReFa」などを手掛ける「MTG」は、2019年9月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が85億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年9月期通期連結業績予想:MTG

売上高営業損益純損益
前回予想 510億円 10億円 6億2000万円
今回予想 395億円 △75億円 △85億円
前期実績 583億7700万円 69億2500万円 40億200万円

中国の子会社「MTG上海」における会計監査人への虚偽説明や不適切な営業取引行為のほか、中国向け越境EC事業における不適切な会計処理が発覚したことにより、その訂正などで約70億円の売上の下振れを見込みます。

また、中国市場において「ReFa」の販売が減速していることに加え、中国・韓国において「SIXPAD」の販拡が遅れていることから、約40億円の売上の下振れを見込むため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:MTG

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事