不景気.com > 赤字決算 > RVHの19年3月期は7億円の最終赤字へ、美容事業コスト増

RVHの19年3月期は7億円の最終赤字へ、美容事業コスト増

RVHの19年3月期は7億円の最終赤字へ、美容事業コスト増

東証2部上場で美容事業が主力の「RVH」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が7億1100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:RVH

売上高営業損益純損益
前回予想 583億円 21億4000万円 7億6000万円
今回予想 572億9000万円 2億5500万円 △7億1100万円
前期実績 530億600万円 7億3700万円 3億1700万円

美容脱毛サロンの「ミュゼプラチナム」をはじめとするレディスサービス事業において、施術売上や入会金売上が想定を下回るほか、広告宣伝費や人件費・採用費の増加も重なり採算が悪化しました。

加えて、アパレル事業を手掛ける「ラブリークイーン」において、貸倒引当金繰入額として約4億円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:RVH

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事