不景気.com > 赤字決算 > TAYAの19年3月期は5100万円の最終赤字へ、入客数減

TAYAの19年3月期は5100万円の最終赤字へ、入客数減

TAYAの19年3月期は5100万円の最終赤字へ、入客数減

東証1部上場で美容室チェーンの「TAYA」を展開する「田谷」は、2019年3月期通期個別業績予想を下方修正し、当期純損益が5100万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期個別業績予想:田谷

売上高営業損益純損益
前回予想 102億3200万円 2億1300万円 1億1200万円
今回予想 98億800万円 1500万円 △5100万円
前期実績 105億4500万円 △4600万円 △1億3200万円

施術者の退職に伴う顧客離れなどから、上期の既存店入客数が前年同期比で4.5%の減少となるなど厳しい環境が続いており、労務費や地代家賃の低減など各種コスト削減に努めたものの、売上の減少を補うまでには至らず、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:田谷

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事