不景気.com > 赤字決算 > 三協立山の19年5月期は14億円の最終赤字へ、海外不振など

三協立山の19年5月期は14億円の最終赤字へ、海外不振など

三協立山の19年5月期は14億円の最終赤字へ、海外不振など

東証1部上場の建材メーカー「三協立山」は、2019年5月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が14億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年5月期通期連結業績予想:三協立山

売上高営業損益純損益
前回予想 3470億円 19億円 2億円
今回予想 3380億円 3億円 △14億円
前期実績 3284億900万円 12億100万円 △7億3100万円

什器などを扱う商業施設事業における顧客の設備投資減や、海外でアルミ鋳造などを行う国際事業における欧州経済の減速や排ガス規制を要因として、売上高・営業損益は前回予想を下回り、また、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:三協立山

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事