不景気.com > 赤字決算 > 東邦亜鉛の19年3月期は35億円の最終赤字へ、減益重なる

東邦亜鉛の19年3月期は35億円の最終赤字へ、減益重なる

東邦亜鉛の19年3月期は35億円の最終赤字へ、減益重なる

東証1部上場で亜鉛製錬大手の「東邦亜鉛」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が35億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:東邦亜鉛

売上高営業損益純損益
前回予想 1210億円 13億円 21億円
今回予想 1180億円 △6億円 △35億円
前期実績 1336億2500万円 131億200万円 103億7300万円

製錬事業における簿価の高い在庫の払い出しによる損失の影響や、資源事業におけるエンデバー鉱山での操業不調に加え、プラントエンジニアリング部門で不採算の案件が発生したことなどから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:東邦亜鉛

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事