不景気.com > 赤字決算 > 東邦亜鉛の19年第2四半期は21億円の営業赤字へ

東邦亜鉛の19年第2四半期は21億円の営業赤字へ

東邦亜鉛の19年第2四半期は21億円の営業赤字へ

東証1部上場で亜鉛製錬大手の「東邦亜鉛」は、2019年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期営業損益が21億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:東邦亜鉛

売上高営業損益純損益
前回予想 660億円 37億円 29億円
今回予想 590億円 △21億円 △12億円
前年同期 638億5700万円 63億3100万円 47億4800万円

亜鉛・鉛の金属相場が想定を下回ったことに加え、製錬事業における在庫評価損や資源事業における採鉱コストの増加も重なり、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。なお、通期業績予想については、前回予想に対し大幅な減益を見込むものの、黒字は確保する見通しです。

業績予想の修正に関するお知らせ:東邦亜鉛

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事