不景気.com > 赤字決算 > シダックスの19年3月期は41億円の最終赤字へ、給食採算悪化

シダックスの19年3月期は41億円の最終赤字へ、給食採算悪化

シダックスの19年3月期は41億円の最終赤字へ、給食採算悪化

ジャスダック上場で給食・食堂運営受託の「シダックス」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が41億3000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:シダックス

売上高営業損益純損益
前回予想 1160億円 18億円 2億円
今回予想 1350億8000万円 8億7000万円 △41億3000万円
前期実績 1428億9000万円 11億6900万円 △13億9600万円

学童保育・児童館受託業務が好調だったことから、売上高は前回予想を上回ると見込むものの、企業・自治体・病院・介護施設などの給食受託業務において、顧客獲得競争の激化や人件費・材料費・物流費の増加で採算が悪化したほか、売却を見込んでいた保有不動産などについて条件面で折り合わず計画を修正するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:シダックス

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事