不景気.com > 赤字決算 > シダックスの18年3月期は13億円の最終赤字へ、ワイナリー減損

シダックスの18年3月期は13億円の最終赤字へ、ワイナリー減損

シダックスの18年3月期は13億円の最終赤字へ、ワイナリー減損

ジャスダック上場で給食・食堂・カラオケ店運営の「シダックス」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が13億9600万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:シダックス

売上高営業損益純損益
前回予想 1520億円 22億円 5億円
今回予想 1428億9000万円 11億6900万円 △13億9600万円
前期実績 1484億3300万円 12億6900万円 △32億2000万円

競合他社との低価格競争の激化や不採算店舗の閉鎖により、売上高は前回予想を下回る見込みです。また、持分法投資損失として17億4000万円の営業外費用を計上するほか、運営する「中伊豆ワイナリーヒルズ」(静岡県伊豆市)およびホテル・スパなどの関連施設や、子会社のカラオケ事業用施設などについて、固定資産の減損損失として21億8100万円の特別損失を計上するため、純損益は前期に続き赤字となりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:シダックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事